育毛サプリと育毛剤はどのように違うのか

栄養を届ける場所

薄毛や禿を改善する手段として一般的なものとして、塗布するタイプの育毛剤を使用することと、育毛サプリを服用することの2つがあります。塗布タイプの育毛剤にも発毛を実感できるものが増えており、どちらを利用すべきが悩むケースもあるでしょう。塗布するタイプの育毛剤の長所は、頭皮に直接栄養素を届けるという点にあります。頭皮の血行を促す成分を配合し、それを必要な部分に直接塗ることができます。サプリメントではこのようなことはできません。育毛サプリメントの多くが血行を良くする成分を含んでいますが、育毛剤が直接的であるのに対し、サプリは間接的です。サプリメントは頭皮だけでなく、全身にわたって効果を上げることが長所と言えます。血行が良くなる成分は、頭皮だけでなく身体に行きわたります。それぞれの長所を考えながら使用するといいでしょう。

髪の毛のセット

薄毛や禿で悩んでいる人にとっては、普段の髪型も悩みどころのひとつでしょう。なるべく他人に分からないように工夫して毎朝セットして仕事や学校に出かけるという人が大半です。風が吹いたり、走ったりするだけでも髪は乱れてしまいますから、日常的に気を付けて行動している人がほとんどでしょう。塗布するタイプの育毛剤は、基本的に朝と夜の2回使用します。そのため、朝の忙しい時間にわざわざ薄毛の部分をあらわにして1回使用して、そこから髪型をセットする必要があります。その分時間も手間もかかります。サプリの場合には、こういった心配は要りません。必要な時間帯に服用するだけですので、髪型をセットすることに対する影響はまったくないと言っていいでしょう。この点ではサプリメントは有能と言えます。

効果の及ぶ範囲

育毛剤とサプリメントの決定的な違いとして挙げられるのが、育毛効果の及ぶ範囲が違うということです。育毛剤では塗布した場所と、その周辺部分にしか効果がないことがほとんどです。頭頂部の薄毛に対して育毛剤で対応した場合には、おでこの生え際やもみあげには効果が期待できません。あくまで局所的に対応するというのが育毛剤です。この点でサプリメントは頭全体に育毛成分を行きわたらせることが可能です。身体全体に影響があるため、たとえば全身の血行を良くして頭皮にも好影響を与えるという効果が期待できます。育毛剤は直接的ではあるが効果が局所的で、育毛サプリメントは間接的ではあるが、効果は全身にわたると考えていいでしょう。

今では育毛剤とサプリメントをセットで使用するタイプの育毛剤が人気です。
男性用育毛剤おすすめランキング